綴り

small town talk  no,3 『 tricolor / B&B 』

2018/11/23    small town talk

NHKの朝ドラや大河ドラマなどにも参加して

今や日本のアイリッシュシーンを引っ張る存在になったトリコロール。

お店にもライブに来てくれたこともありますね。

アイリッシュとはアイルランドの音楽。

フィドル、バンジョー、マンドリン、アコーディオンなどの楽器を使った

少し心が躍るような音楽です。

 

お店が田舎の長閑な場所にあるせいか

アイリッシュの音楽は当店にとても似合う音楽だと勝手に思っています。

その中でもこのアルバムはアイリッシュにある疾走感などがなく

終始穏やかなゆったりとした曲が続きます。

明るすぎず、静かすぎない、しかも全曲インスト

これはありそうでなかなかないものです。

困ったときはコレというぐらい今までずっとかけてきました。

あたたかな気持ちの良い日には特におススメです。

 

<続きを読む>

small town talk no,2 『Henning Schmiedt / Walzer』

2018/11/16    small town talk

お店でよくかけている音楽を。

お好きな方も多いと思います、ドイツのピアニスト、Henning Schmiedt。

ヘニングシュミートの作品はコンセプトがあるものが多く

ジャケットとの統一感なども含めてどれも素晴らしい作品です。

その中でも「ワルツ」と名付けられたこのアルバム。

ヘニング作品の中でも全体的に明るく、祝福にみちたような空気感がとても気持ちがいいです。

お店を移転する際、スタッフも増やし、席数も増やすと決断して

今までより、もっと自分の心も開放してたくさんの方に受け入れなければならないと思っていました。

その開放感、気持ちを開いていく感じがこのアルバムと少しリンクしている気がしていて

お店のHPのトップページにでてくる女性はこのアルバムジャケットをヒントに描いてもらいました。

今でもオープン時に1番かけているアルバムだと思います。

その日のお店の良い空気をつくってくれます。

<続きを読む>

small town talk  no,1 『クラムボン / musical』

2018/11/14    small town talk

ここ数年、自分の尊敬する方や、こちらが一方的に考え方や価値観が似ているんではないかと思っている人は

ブログを今もちゃんとやられていて、とても勉強にもなるし、読んでいておもしろいので

僕も無理ない程度にやっていけたらと思っています。

内容は自分の好きな音楽中心に様々な事を

難しくなく綴っていけたらなと思ってますので

どうぞお暇なときにでも覗いていただけたらと思います。

 

まず、1回目は

『クラムボン / musical』

ご存知の方もいるかもしれませんが、当店の店名「喫茶tayu-tau」は

このアルバムに入っている「tayu-tau」という曲から拝借しています。

このエピソードを話すと長くなるので、興味のある方は

先日発売された「カフェノナマエ」という本に(当店でも販売しています)

詳しく記載して頂いているので読んでみてくださいね。

 

[このブログのタイトルにしたsmall town talk も好きな曲から、これもまたいつか紹介します]

 

クラムボンをお店でかける事はあまりないのですが

このアルバムの最後の3曲

long song ~ tayu-tau ~ Dear Gould だけはたまに流します。

メロディーも歌詞もすべてが美しく

集中して聴きすぎると未だに泣きそうになる事もあります。

以前の店舗の建物にクラムボンがライブで来たとき

ちょっと外へ出たらリハーサルの音が聞こえてきて

long songのイントロが鳴った時のあの空の光景。

今でもよく覚えています。

Dear Gouldのグールドは伝説のピアニスト、グレングールドですね。

グールドもこの曲から聞くようになりました。

昔は情報も少なかったので好きなアーティストの好きな音楽などを

ラジオや本で知ってメモを必死にとっていた気がします。

クラムボンで1番好きなアルバムと言われたら

僕は「imagination 」かなーと思ったりしますが(その時の気分にもよります)

「Musical」は僕らにとっては重要なアルバムです。

聴いた事のない方はぜひ。

 

ちなみにクラムボンのライブで記憶に残っているのは(前の店舗のライブを除くと)

10年以上前だと思いますが

野音の小音楽堂、真夏の昼間のフリーライブ。

とてもゆるく、あの時にしか聴いた事のない

「のんびり」という曲がハイライト。

<続きを読む>

大人になんかならないで

2018/07/26    日記

とても久しぶりの更新です。

 

SNSを見てくださったり、店頭にお越し頂いている方はご存知の方もいらっしゃるかと思いますが

4月に初めての子どもを出産しました。

 

高血圧症になってしまって、予定日よりも2週間も早く、帝王切開での出産でした。

初めての入院・手術でかなり不安な上、4月のイベント間近の出産になってしまったので

まこっちゃんやスタッフのみんなにもとても心配と苦労をかけましたが

今は体もかなり回復し、子どもの世話に追われています。

高齢出産にもかかわらず無事に出産することができ、今は家族3人と猫2匹との生活です。
 

 

まだまだ子どものような自分が人の親になっているなんて、いまだに信じられないですが

どんどん成長していく息子を愛でながら、毎日一緒に自分も成長している感じです。

こんなに自分の子どもがかわいいなんて、本当にびっくりです。

まだ歩くことも、しゃべることも、少しの移動もひとりでできないくらい小さいけど

少しづつ主張や意思みたいなものが見え始めていて、人間なんだなあと感じます。

そんなに早く成長しないで、もっとゆっくり大きくなって、と思ってしまいます。

 

まだ小さい頃、大人になればお母さんになれると思い込んでいて、

当然のように20代のうちに子どもを産むだろうと思っていました。

いくつかの仕事を経験するうち、やりたいことがどんどん出て来て

自分の好きなことばかりやってきた気がします。

自分たちで店をつくり、続けていくことの大変さを知り

いつの間にか、自分たちの生活より 店が一番優先になっていました。

子どもを産み、育てるという事が、こんなに遠い出来事だとは思っていませんでした。

子どものことを考えたくても、このままでは難しい、どこかで変わらなければと

移転をして住居を構え、子どもを育てられるようにスタッフを入れるなど 店を整えてきて

ようやく今の生活にたどり着いたところです。

 

今でも完全になったわけではく、日々問題は山積みで厳しい状況ですが

今まで店の為に犠牲にしてきたものを 息子と共に少しづつ取り戻したいなと思っています。

そして、店もそれに合わせていろいろ変化していくことと思います。

これからも変わらず、温かく見守っていただけたらうれしいです。

 

妊娠中に優しいお声をかけてくださったみなさん、ありがとうございました。

出産後にプレゼントやお祝いの言葉もたくさんいただき、嬉しい限りです。ありがとうございます!

 

 

 

<続きを読む>

夏休み中です。

2017/07/26    店のこと

今週7/25(火)から来週8/2(水)まで、夏季休業をいただいています。

 

休み前の24(月)の夜は、予想以上にたくさんの方にお食事にお越しいただき、ありがとうございました。

あまりないことですが、途中で食材がなくなってしまい、

お食事して頂けなかった方も何組か出てしまって、申し訳ありませんでした。

デザート類も季節のものはいつも多めに仕込んでいるのですが、それも全てなくなってしまい

季節デザートを楽しみにしてきてくださったみなさんもすみませんでした。

メロンのスープとヨーグルトアイスは終了しましたが、

ピーチメルバ、マンゴーとパッションフルーツのパルフェは休み明けも引き続きお作りしますので

またお越しいただけたらと思います。

 

 

去年の今頃はちょうど店づくり、家づくりの時期で、

でもなかなか思うように進まずやきもきていた頃でしょうか。

一昨年の夏ごろから移転のことを考えはじめ、去年夏前からの工事、今もまだ完成はしていませんが

ずっと店にかかりきりになっていたので、今年は少し 夏を満喫してこようと思います。

 

8/3(木)17:30から営業再開します。

休み明けからも、またよろしくお願いします。

 

 

みなさんも、楽しい夏をお過ごしください。

熱中症にはくれぐれもお気をつけて。

 

それでは。

 

 

 

 

<続きを読む>

がらくた市ありがとうございました!

2017/07/18    イベント

昨日のがらくた市にお越し下さったみなさん、ありがとうございました!

ライブ以外では初めての店内イベントで、

出店者の方をお呼びしてということも初だったので どうなるか心配でしたが、

オープン前から並んでくださる方もいて、オープン直後はたくさんの方でにぎわいました。

何度も見に来てくださる方も多くて、普段ゆっくりお話できない常連さんともたくさん話せて

私たちも楽しめました。

 

今回、3組のがらくた出店と、1組のかき氷出店のみなさんにお願いしましたが

どの作家さん・お店さんもこちらが想像していたよりもたくさん用意してくださって

お客さんにも喜んでいただけたようでよかったです。

 

2017がらくた市3.JPG2017がらくた市2.JPG

中に入ってすぐはnijiiroさんのスペースでした。

大台で毎週土曜日のみオープンのギャラリーを営業しています。

古いものをつかったオブジェや雑貨を作っていて、お店では古道具などもあります。

今回は「白いがらくた」をたくさん持ってきてくださいました。

夜に見たらちょっと怖いヴィーナスは、当店の庭のどこかにいます。

 

2017がらくた市10.JPG2017がらくた市7.JPG

三重の山奥にアトリエを構えているben:chiさん

蚤の市には多数出店されていて、ワークショップもよく開催されています。

細々とした古いものや変わり種が多く、探すワクワク感が楽しめました。

右の写真は検眼レンズだそうです。なかなか見ない珍しいものがたくさんでした。

 

2017がらくた市6.JPG2017がらくた市4.JPG

今回の市を最初にやろうと言ってくれたKiKusaさん

がらくたのセレクトやディスプレイはさすがです。

展示でも持ってきてくれる鉢植えや、ご実家で育てているお野菜も並び、どれも好評で

ずっとお客さんが耐えない場所でした。

 

2017がらくた市9.JPG2017がらくた市8.JPG

最後はかき氷出店の月の温さん

これを目当てに来てくださった方も多かったようです。

毎年お店で出されている、中にぜんざいが入った 沖縄風かき氷。

終了後に出店者みんなでいただいたのですが、とてもおいしい!

私は迷いに迷って 抹茶和三盆を。

 

 

三重には、実はいい作家さんやお店さんがたくさんあって、

特に作家さんは全国的に有名な方や、すばらしい作品を作られている方が本当は多いのですが

住んででも知らないことは意外と多いものなので、

今回は少しでも知って頂けるきっかけになればと思い、がらくた市を開催することにしました。

自分たちと普段から仲良くさせてもらってるみなさんに来ていただいて

小規模ですが、なかなか楽しい市になったかなと思います。

 

tayu-tauの店舗も、ありがたいことですがお食事時は混雑することも多く

ふらっと来てご飯を食べたり、お茶をすることが難しい時間帯もあります。

いつもは通り過ぎるだけだけど、ちょっと見てみようかなと覗いてくださった方もいたようで

tayu-tauを少しだけ開放するような日にもなり、そういう意味でもよかったなと思いました。

 

たまにはこういう日があってもいいですね。

 

手前味噌で恐縮ですが、うちのスタッフも自分たちでいろいろと考えて動いてくれていて

私たちがキッチンに入らなくてもがんばって進めてくれていました。

ご迷惑をお掛けしたお客さんもいらっしゃったかと思いますが、

みんなの成長も見ることができて、いい機会だったなと感じています。

スタッフが作ってくれた生姜のジャムとプラムのジャム、僅かですがありますので

定休日あけも販売します。よろしくお願いします。

 

次回、また何かの機会にやれたらなーと思います。

それでは。

 

 

<続きを読む>

s-clothes-tree 展示受注会終了しました。

2017/06/29    店のこと

26日(月)にて、s-clothes-tree展示受注会が終了しました。

たくさんの方にお越しいただいて、たくさんの方に手に取っていただけて

とても嬉しいです。ありがとうございました。

 

前半は比較的ゆったりでしたが、後半どんどん忙しくなり、

最終日は展示会も飲食の方も手が足らなくなるくらいにぎわいました。

いつも来てくださっている方も変わらず見に来てくださったこともとてもうれしく、

初めて展示を見に来てくださったり、展示をきっかけに初めて店に足を運んでくださる方がいたり

さおりさんにも、自分たちにも、今回の展示会は幅の広がる 収穫の多いものでした。

 

展示期間中、さおりさんたちは一週間2Fで寝泊まりしてくれているんですが

合宿のような日々で、展示前日から搬出まで毎日とても楽しく過ぎていきました。

毎回新しい発見があって、新しい問題点が見つかって、その都度しっかり話し合って

いろんなことを重ねて、さおりさんの展示は続いています。

 

さおりさんとは10年近くのお付き合い。

この店にとっても、私たちにとっても、なくてはならない人のような気がしています。

外側から 内側から、いつもそっとtayu-tauを支えてくれている。

ここまで深くお付き合いできる人は、そうたくさんはいません。

自分たちのいい部分もよくない部分も、ちゃんと理解して寄り添ってくれていると思っています。

 

回を重ねるごとにお客さんが増えていき、

さおりさんに会いにきてるんだろうなあという方もたくさんいらしていて、嬉しいかぎりです。

何の馴染みもなかったこの場所で、ここまでお客さんを増やせるってすごいことだと思います。

いつも来てくださるお客さん、ここまで続けてくださっているさおりさん、みなさんに感謝です。

 

 

次回の展示は冬を予定しています。

即売がメインになるかと思いますが、冬物アイテムと共に

またさおりさんに会いにきていただけたらと思います。

 

 

 

 

<続きを読む>

デザートのこと

2017/06/15    店のこと

久々に綴ります。

今回はデザートのことを少し。

 

今年もクレープシュゼットが始まっています。

前店舗での最後の季節デザートがクレープシュゼットでした。

もう一年が経ってしまったんだなあという思いと

またこのデザートが作れるというありがたさを同時に感じています。

 

レストランデザートの代表格ともいうべきクレープシュゼットは

本来、お客さんの目の前でクレープとソースを温め、

その場でフランベ(リキュールなどのお酒をふりかけ、火をつけてアルコールを飛ばすこと)して

提供するデザートです。

 

できたての、いい状態のものをその場で食べていただくということは、

私がデザートを作る上で一番重要視していることです。

実際、お客さんの目の前で火を使うのは危ないし、そこまでの余裕もないのでできませんが、

できるだけ近い状態になるよう、厨房でフランベして、すばやく盛り付け、温かい状態でお出ししています。

 

せっかく店内でデザートを食べてもらうなら、店内でしか食べられないものを作りたいと思っています。

なので、溶けやすいアイスやグラニテをのせたり、ムースやゼリーでも崩れやすいものを敢えて選んでいます。

(うちの店で、ケーキの類がないのはその理由もあります)

 

にクレープシュゼットは、温かいと冷たいを同時に味わえる贅沢なデザート。

みかんがたくさんとれる三重という土地柄も、このデザートを作るには大事な要素です。

 

あっという間になくなってしまうけど、持ち帰りできる焼菓子やケーキとはまた違う魅力があると思うのです。

 

ブログ用に写真を撮ったら、前の店よりもしっくりなじんでいるような気がしました。

いづれは定番にしたいデザートです。

 

 

 

 

<続きを読む>

main-line