メニュー

「薪ストーブと猫のいるアトリエ」終了しました。

2017/02/02    イベント

はしもとみお個展「薪ストーブと猫のいるアトリエ」にご来場いただいたみなさん、ありがとうございました。

1/30で無事展示を終了しました。

 

二週間という長丁場でしたが、やさしく佇む猫や犬(たまに亀やチンパンジー)に見守られながら、大きなトラブルもなく、

無事に会期を終えることができて、ほっと一安心です。

 

いままでの展示会は即売がメインなので、作家さんに会期中在廊してもらうことをお願いしていたのですが

(作家さんと直接お話をして、納得して購入していただくことがよいということと、通常営業をしながらなので手が回らない

ということもあり)今回は即売ものがほぼないということと、作品や空間を実際にみて、触れて、それぞれで感じていただく

ことを重要視した展示だったので、みおさんの在廊はほぼありませんでした。

 

地元の作家さんとは言え、全国的にこれぼど著名な方にお願いしたのははじめてのことで、即売はないもののどの作品もとても高価なものばかりということもあり、とても不安がありましたが、みなさんそれぞれに写真を撮ったり、じっくり眺めたり、過去にみおさんに彫ってもらったというご自身の家族の彫刻をもってきてくださったり、思い思いに楽しんでくださっていて、私たちも安心して、楽しんで過ごすことができました。

 

会期終了の前日に行われた、山田稔明さんのライブ&トークもたくさんの方にご来場いただきました。

山田さんの愛猫、ぽっちゃんとチミちゃんの大きな写真と たくさんの猫たちに見守られ、とても幸せな時間でした。

山田さんの猫愛あふれる曲の数々に涙した人も。

山田さんライブポチチミ.JPG

ライブ中盤の曲「日向の猫」の歌詞のなかに、”たゆたう”という言葉がでてきます。

山田さんのソロをちゃんと聴いたのはこの曲が入っているアルバムからなのですが、この曲を聴いて少し運命を感じました。

ありふれた日常の中の、当たり前のように見えて とても贅沢で奇跡的な幸せをうたったこの曲が私は大好きです。

山田さんライブ.JPG

ライブの中間のみおさんと山田さんのトークも終始笑いが絶えない楽しい時間で、来ていただいたみなさんにも

楽しんでいただけたかと思います。

ライブの直前に、みおさんにうちの猫・うーちゃんとノンと友達の陶芸家の小菅さっちゃんの猫・レモンをデッサンしていただき、その日のライブと展示の最終日のみ、店に飾らせていただきました。一匹一時間ほどでささっと、しかもあんなに完成度の高いものが書けるなんて、やっぱりみおさんはすごい。

ライブレモンノンうーちゃん.JPG

 

展示が終了し、動物たちはみんなアトリエに帰っていきました。

二週間も一緒に過ごしたので今は寂しいですが、またいつか新しい仲間を連れて戻ってきてもらえたらなと思っています。

帰るねこたち.JPG

 

※販売商品の当選者の方には、2/6(月)までに当店よりご連絡させていただきます。

営業しながらの作業ですので、ご連絡やお届けにお時間を頂戴します。ご了承ください。

 

 

<続きを読む>

山田さんとポチとみおさんのこと

2017/01/13    イベント

いよいよ来週19日(木)から、はしもとみおさんの個展「薪ストーブと猫のいるアトリエ」が始まります。

私たちが個人的にもかなり楽しみにしている展示です。

そして、その展示期間中に 山田稔明さんのライブ&トークも開催します。

どちらもぜひ来てもらいたかったお二人なので、同時に しかもお二人のトークが聞けるなんて

とてもうれしいことです。

 

山田さんとみおさんのことをちゃんと知るようになったのは多分同時期くらいだったと思います。

山田さんがGOMES THE HITMANというバンドをやっていたのは知っていたのですが、

恥ずかしながら曲はほとんど知りませんでした。

ある日、雑貨屋さんで山田さんの著書を手にしました。

「ひなたのねこ」というタイトルのその本は、山田さんちの三毛猫のポチの日常が 

ポチの写真と少しの言葉で綴られていました。

それから山田さんのインスタグラムを見るようになり、毎日更新されるポチのかわいい写真に癒されていました。

 

その当時は、ポチはまだ生きていると思っていました。

でもそのあと、その数か月前にポチは亡くなっていて、その写真が過去のものだったことを知ります。

 

毎日毎日更新されるから気づかなかったのですが、山田さんはきっとたくさんの思い出を写真に残していて、

それをポチが亡くなった後も少しづつ載せていたようです。山田さんのポチに対する愛情が、

きっと見ている人にはつよく伝わったと思います。

私もその一人で、その後 ポチにそっくりの現在の同居猫・ポチ実があらわれて一緒に住むようになって現在に至るまで、

ずっと見ています。

「ひなたのねこ」に出会うまで、山田さんの曲もほとんど知らなかったのですが、猫との日々や猫が出てくる曲が多く、曲調もアップテンポなギターポップで私好みのものでした。なぜこれまで出会わなかったのかが不思議なくらいで、それから少しずつCDも増やしていき、展示やライブにも足を運ぶようになりました。

 

 

2014年のもみじ市の時に、はじめてはしもとみおさんとお話をしました。

その年のもみじ市のポスターには、出店する作家さん・店舗の作品や商品が一点ずつ掲載されていて、みおさんの作品は、

その年に亡くなったポチの彫刻でした。

 

みおさんの作品には全てモデルになった動物がいて、生きている子やポチのように亡くなってしまった子、いろんな境遇の子たちがいます。決してただの置物ではなく、確かに存在している、存在していたことがはっきりとわかるものばかりです。それぞれちゃんとデッサンをして、飼われている子であれば取材をして、デフォルメすることなく そのままの姿で作っていきます。

ただかわいい、ではない いのちがそこにあることを感じます。

 

いつかみおさんの彫刻を通じて、ポチに会いたいと思うようになりました。

みおさんの作ったポチは山田さんのところにいるので、山田さんのライブにいったときに、初めてポチにも会えました。

日常を生きる、そのままのポチに会えたような気がしました。

 

同じ三重在住ということもあり、何度かアトリエにもお邪魔させてもらって、イベントや展示で見ていた動物たちや

日々のデッサンも見せてもらったり、みおさんちの愛犬月君にも会わせてもらいました。猫島で出会った猫たちの彫刻も

小さいものから大きいものまでたくさんいました。アトリエの中は制作中の彫刻や木くずがあって、

冬の為の薪ストーブもあります。三重の中でもかなり寒い地域なので、生活にも欠かせないものです。

 

このアトリエを店にもってこれたらなあという思いで、今回の展示のタイトルを決めました。

 

 

山田さんとみおさんそれぞれのファンの方はもちろん、猫好きの方、動物好きな方、一緒に暮らしている人、今はいないけど

心の中でずっと一緒にいる人、小さいお子さんやご家族でも、ぜひたくさんの方に見て、聴いてもらえたらなと思います。

http://www.youtube.com/watch?v=qm2zt_rMJsk

 

まだライブ&トークのご予約は受け付けていますので、お気軽にメールかお電話にてお問合せください。

 

山田稔明 ライブ&トーク(トークゲスト はしもとみお)

「薪ストーブと猫のいるライブ」

2017年1月29日(日)

開場17:30 開演18:30
料金 3000円(1drink別)

ご予約:喫茶tayu-tau 

(冬季休業中、営業時間外はメールにてお受けいたします。)

mail info@tayu-tau.jp

tel 059-253-7817

※お名前、人数、連絡先をお伝えください。

メールの場合はお返事にお時間がかかることがございます。

 

 

 

<続きを読む>

main-line