メニュー

鶏肉のバターライス詰め

2017/12/06    food

毎年クリスマスは何もしないのですが(通常通りのメニュー)

今年はちょっとクリスマス感のあるのもを。

鶏肉の中にバターライスを詰めて焼き、下にキャベツときのこのクリーム煮を添えた

「鶏肉のバターライス詰め」単品1500円(サラダ付+250円)

バターライスに鶏肉の旨味が移っているのでそれだけでもおいしいのですが

下に敷いてあるクリーム煮とも相性がとてもいいので、ぜひ一緒にお召し上がりいただきたいと思います。

 

こちらは年内の平日夜限定、前日までにご予約いただいた方のみとさせていただきます。

ご希望の方は、ご予約の際にスタッフまでお伝えください。

※写真に写っているのは赤ワインではなくぶどうジュースです。アルコールがなくてすみません。

 

毎年の冬の定番「野菜とミートソースのドリア」も始まっています。

こちらは冬の間はご注文いただけますのでぜひ。

 

<続きを読む>

ベル・エレーヌ

2017/11/24    dessert

すっかり寒くなってきましたが、これからもおいしい果物やデザートがたくさんでてきます。

そのひとつが洋梨。

少しやわらかくなっていい香りがしてきた食べごろの洋梨をコンポートにして

アイスとともにいただくフランスの伝統的なデザート、ベル・エレーヌ。

ピーチメルバと同じ、フランス料理の巨匠・エスコフィエ考案のデザートです。

盛り付けが難しくて、なかなか手を出せずにいたのですが、

一般的な盛りと少し変えて、グラスデザートとして作ってみました。

本来は、バニラアイスの上にコンポート、その上にチョコのソースをかけるというものなのですが

洋梨の美しさを際立たせるために、チョコを下に入れてなおかつソルベにしました。

ソースよりもしっかりチョコの風味を味わうことができて、洋梨の美しさとおいしさもそのままに。

おいしい洋梨がとれるうちに、ぜひお召し上がりください。

 

※季節デザートは旬のものを使用しているため、急に終了することがございます。

提供期間をはっきりお伝えできないので、お目当てのものがある方はお早めにどうぞ。

<続きを読む>

巨峰のグラニテ

2017/08/14    dessert

二年前にも一度お作りして好評だった巨峰のグラニテをはじめています。

 

種なしの巨峰を皮ごと使って、赤ワインも少し入れてグラニテにしています。

グラニテはフレンチのコースでは口直しの氷菓として出されることも多いですが

デザートとしてもよく使われます。

ソルベよりも氷の粒が荒くシャーベットに近いかもしれません。

 

グラニテの下に忍ばせたヨーグルトアイスとも相性が抜群です。

さっぱり軽く食べられるので、食後のデザートにはぴったりかと思います。

 

※季節デザートは旬のものを使用しているため、急に終了することがございます。

提供期間をはっきりお伝えできないので、お目当てのものがある方はお早めにどうぞ。

 

<続きを読む>

プラムのソーダ

2017/07/26    drink

プラムのソーダ 始めています。

 

出店イベントで何度かお出ししていましたが、店頭でメニューに入れるのは今年が初です。

香りのいい完熟の大石早生を使ってシロップを作り、炭酸で割ったドリンクです。

 

程よい甘さと酸味がおいしくて、さっぱりと飲んでいただけます。

甘すぎないので、お食事前に飲まれる方も多いです。

 

写真がよくなくて伝わりませんが、色あいがきれいなので混ぜずにお出ししています。

よく混ぜてお召し上がりください。

 

 

<続きを読む>

ピーチメルバ

2017/07/13    dessert

夏の定番 ピーチメルバ はじめました。

 

ピーチメルバとは、旬の桃を使ったデザート。

フランスの有名な料理人 オーギュスト・エスコフィエが、

オーストラリアのオペラ歌手 ネリー・メルバに捧げたデザートだと伝えられています。

 

最近では、いろんな店で様々なピーチメルバが作られていますが

tayu-tauではエスコフィエが作っていたように

桃のコンポートにバニラアイスとフランボワーズソースを合わせ、アーモンドスライスをのせた

定番の材料でお作りしています。

 

昨年は移転がちょうど夏で、食べていただくことができなかったので

今年はできるだけ長めにできたらと思っています。

 

※クレープシュゼットとフォレノワールは終了しました。

 

 

 

<続きを読む>

クレープシュゼット

2017/06/15    dessert

季節デザートでクレープシュゼットがはじまりました。

 

クレープシュゼットのこと、少し書こうと思ったのですが長くなったので

綴りのページに載せておきます。

お時間ある方はのぞいてみてください。

 

*季節デザートは旬のものを使用する為、急に終了することがございます。

提供期間をはっきりお伝えできないので、気になった方はお早めにどうぞ。

 

 

<続きを読む>

季節のデザート2種

2017/06/01    dessert

 

・メロンのスープとヨーグルトアイス

数年前に一度作ったことがあるデザートなので、覚えている方もいるかもしれません。

クリームソーダというと、自分たちの子供の頃は不自然な緑色で、

それが後々メロンソーダというものであるとわかるのですが、

人工的な着色料と香料で作られたものではなく、

本物のメロンを使ったソーダだったらどうだろうというところからはじまりました。

メロンは元々水っぽい果物なので、普通のドリンクのように炭酸をたくさん入れては薄い味になります。

旬もあるので、ドリンクにするよりはデザートとしてスープの感覚で出す方がいいなということになり、

さっぱり食べてもらいたいということでヨーグルトアイスで提供することにしました。

メロン果汁よりも炭酸をあとで入れることで、シュワッと感もしっかり感じられるかと思います。

 

2017フォレノワール.JPG

・フォレノワール

フランス語で「黒い森」という名前のデザートです。

ドイツ南西部・シュヴァルツヴァルト地方の黒い森と、特産品であるサクランボをイメージしてつくられた

チョコレートケーキの一種です。そこでとれるサクランボのお酒(キルシュ)を使ってつくるのが特徴で、

当店のものもキルシュ漬けのサクランボを使って作っています。

あまりサクランボのお菓子はつくって(食べて)こなかったのですが、

以前東京のパティスリーでいただいたフォレノワールがとてもおいしくて、

デザートとして出したいと思っていました。

お酒は苦手なくせに、お菓子で使われている洋酒はおいしいと感じます。

ちゃんとお酒が入っているとわかるくらいには入れていますので、お子さんには不向きかもしれませんが

運転に支障がでるほどではありませんのでご安心ください。

 

※季節デザートは旬のものを使用しているため、急に終了することがございます。

提供期間をはっきりお伝えできないので、お目当てのものがある方はお早めにどうぞ。

 

<続きを読む>

不知火のサンド

2017/04/20    dessert

チョコレートパフェが先週で終了しました。

今年もたくさんの方にお召し上がりいただけて、うれしく思っています。

2013年から始めて、今年で4年目となるチョコレートパフェ。だいぶ定着してきたような気がします。

この時期、これを楽しみに来てくださる方が年々増えていって、

パイと同様 冬の定番にしていけたらと思っています。

 

そして新しい季節のデザートは 柑橘です。

柑橘は自分も大好きなフルーツで、特に三重の南の方では年中たくさんの柑橘がとれます。

今年は、不知火(しらぬい)という、ポンカンと清美の掛け合わせの柑橘を使ったデザートです。

デコポンという呼び名もありますが、細かく規定があるようです。

当店では、三重県御浜町でとれる甘い不知火を使用しています。

甘味が強く、そのままで十分おいしいので、シンプルにタルトにしようと思ったのですが、

いろいろと組み合わせていくうちに、同じ柑橘を使った焼菓子・ウィークエンドとクリームチーズのクリーム、

さらに柑橘にははずれのないヨーグルトアイスをプラスしたものに落ち着きました。

食べやすさも考え オープンサンドに近い感じにしてみました。

 

パウンドケーキの新たな可能性も発見できたので、またいろいろと挑戦してみようと思います。

 

あと少しの期間の提供になるかと思いますが、いちごのデザートもひっそりやってます。

いちごとレモンムースのクープ

2017いちごソルベとレモンムースのクープ.JPG

バルサミコをおつけしていますので、お好みでいちごにかけてお召し上がりください。

※こちらのデザートは終了しました。

デザートは旬のものを使って作っているため、急に終了することがございますのでご了承下さい。

 

 

<続きを読む>

main-line